2019OBON.gif

安全靴の基礎知識

安全靴の基礎知識

■ 安全靴とは

安全靴とは、足への危険を伴う作業場において着用者の足を保護することを目的とした靴のことです。工事現場や重量のある機械・部品を扱う工場内、建設業、鉱業などの作業場では、足に怪我をする危険が常に付き纏います。そのような危険が万が一発生した場合足が怪我をしないように、もしくは足に怪我をしたとしても軽傷で済むために着用するのが安全靴になります。

■ 安全靴の種類

作業場における足の怪我では爪先や足の甲に落下物が当たることが最も多いため、ほとんどの安全靴には先芯が入っています。しかし、安全靴の種類は先芯が入ったタイプだけではありません。

転倒を防止するために滑り止めが施されているタイプ、釘などの尖ったものを踏み抜かないために底が鉄板でできているタイプ、さらには人体の静電気が爆発や火災の原因になるかもしれない作業場では静電気を靴から逃す静電防止用のタイプなど、その種類というのは多岐に渡ります。つまり作業靴は、各作業場において求められるものが異なるため種類も豊富に用意されているのです。

■ 安全靴の使用上の注意点

安全靴は使用する上で注意したいことがあります。それは、一度衝撃や圧迫を受けた場合は使用を避けることです。

衝撃や圧迫を受けても見た目には問題なさそうな場合があります。見た目に問題がなければまた使用しようと考えると思いますが、見た目には問題がなくても内部では激しい損傷をしていることも予想されます。そういった場合、仮に使用すると重大な怪我に見舞われる恐れがあります。そのため、安全靴は一度衝撃や圧迫を受けた場合は使用しないことを心がけましょう。

当店では通販にて、安全靴をご用意しています。安全性はもちろんのこと、衝撃吸収や足の疲労を軽減する安全靴を豊富に取り扱っていますので、安全靴をお探しならぜひ当店をご利用ください。また当店ではブルゾンシャツインナーズボン空調服などの作業着もございますので、作業着もお求めの方は安全靴と併せてご覧ください。

ページトップへ