2019OBON.gif

作業着やユニフォームが持つ役割

作業着やユニフォームが持つ役割

工事現場や製造業など、様々な職場で採用されている作業着やユニフォームは、様々な役割を担っています。

■ 効率性

私服を仕事着として着用した場合、仕事でつく汚れを気にすることは多少なりにあるでしょう。それがお気に入りの服や高価な服であればより気になると思います。

しかしそれでは汚れを気にするあまり、仕事の効率を著しく低下させてしまいます。その点、目的に応じた作業着やユニフォームを着用すれば汚れも気にせずに済みますから、仕事の効率性が向上します。

また作業着やユニフォームがその仕事に応じた機能を有してれば業務の効率性に加えて、利便性も遥かに向上するでしょう。

■ 安全性

仕事をする上で最も大切なのは安全の確保です。工事現場や製造業など、一つの誤りが大きな事故に繋がる職場では特に、安全の確保に努める必要があります。そんな時ヘルメットや安全靴と同じように、その職場に応じた作業着やユニフォームを着用すれば作業中に起こるかもしれない事故の可能性を最小限に留めることができます。それは私服だと難しい場合があるのです。

■ 象徴性

世の中には作業着やユニフォームを見るだけで、その会社や店舗だとわかるものがあります。つまり作業着やユニフォームには会社や店舗を表現する「顔」としての役割も持っているのです。会社や店舗で作業着やユニフォームを統一すれば、企業イメージを表現することができて認知度を高められます。また作業着やユニフォームの統一は他社との差別化が図れるでしょう。

作業着やユニフォームの役割を十分に理解して活用することがより良い作業環境を構築することに繋がります。

当店では、作業着通販にて取り扱っています。半袖・長袖ブルゾンや半袖・長袖シャツアウターズボンなどの作業着をご用意しています。また当店では、女性用作業着やビジネスパンツを含めたビジネスウェアなど、他の作業着専門店ではあまり取り扱っていない商品も豊富にあります。通販にて作業着をお探しであれば、ぜひ当店にてお買い求めください。

ページトップへ